おむすび舎書籍一覧

全国の書店からご購入いただけます。

また、おむすび舎より直接購入ご希望の方は、オンラインストアよりご注文ください。

おむすび舎 刊行 第3号 絵本『たべる たべる たべること』

 一人の女の子の成長を見ながら 人生の様々な場面で たべることには、大切な意味があることを 描いています。私たちが生きていくということは、たべること。そして、いのちをつなぐこと。

いつのまにか 誰かと一緒に居たくなる絵本です。

 

2020年2月4

ISBN  978-4-9909516-2-7 C8793



おむすび舎 刊行 第2号 絵本『ごはんのにおい』

"朝食にはごはん!"を推奨する 川島隆太教授推薦!(東北大学加齢医学研究所)「朝ごはんがこどもたちの将来をきめます!」

朝、ごはんのたけるにおいで目を覚ました。

『あーいいにおい』

ご飯粒がついたほっぺを見ておかあさんが教えてくれた。お米にまつわるお話しや、あさごはんはどうして食べていくといいのか。

日本人が2000年以上も前からたべつづけているごはん。

お米の大切さ、ごはんの偉大さが詰まった ごはんのにおいがしてくる絵本。

● この絵本の作者 中川ひろたかさん作詞作曲 「おこめおこめ」 こちらからご覧いただけます。(振付 gaagaas)

ぜひ一緒に覚えて踊って下さいね!

https://youtu.be/u5_9JbBVF7c

2017年9月18日

ISBN 978-4-9909516-1-0  C8793



おむすび舎 刊行 第1号 絵本『いのちのたべもの』

たいせつな「食」のことを伝える食育絵本

 

おかあさんと スーパーに おかいもの。

きょうの ゆうごはんは、よせなべだって・・・

はくさい・とりにく・はまぐり・がんもどき・・・・

おてつだいのごほうびに、スナック菓子

いろんなたべものがあるけれど、

「ひとのからだは たべたものでできているの」

お母さんが話してくれた、たべもののこと。

 

発行日: 2017年04月19日

ISBN 978-4-9909516-0-3 C8793



絵本ナビ →購入

Hoick →購入

博進堂オンラインストア→購入